スポンサードリンク

2012年04月05日

*炭水化物ダイエット*で一番大事なことは?それは3食キッチリ食べること!でも…?

★炭水化物ダイエットの方法は?何を食べてよくて、何を食べちゃダメなの?


 炭水化物ダイエットの際、気をつけなければいけないのが、一定量の食事は確保することです。
決められたご飯レストラン3食しっかり摂取することが、炭水化物ダイエットの1番のルールなのです。
そのかわり、間食は一切禁止です。
夜の代謝低下時間を避けるため、夕飯レストランは夜8時までに食べ終えましょう



 炭水化物ダイエットで、摂取しないほうが良い炭水化物もあるのです。
それは、ラーメンやパスタ、チャーハン、うどん、そば、菓子パン、お菓子、ファストフードパンチが挙げられます。



 低カロリーの食事を維持するには、発芽玄米を食べると効果も現れやすいです。
玄米に抵抗がある場合は、白米と玄米を合わせて炊くことでもいいでしょう。
この場合、1口で20回程噛むようにしましょう。
噛むという動作は、満腹中枢に働きかけるため、量が少なくても咀嚼することでたくさん食べたわーい(嬉しい顔)感覚になるのです。



 カロリーの低いおかずを優先的に摂取し、よく噛むことで自然と満腹感を得られ、食べ過ぎ予防にもなります。
この時、水やお茶を食事と一緒に摂取するのもよいでしょう。
水分と食物を交互に摂ることで、水分でお腹がいっぱいわーい(嬉しい顔)になります。
そのためたくさんの量を食べなくてもお腹がいっぱいになるのです。
これがひらめき炭水化物ダイエットの成功のコツひらめきです。
継続して行なうことで、痩身効果だけでなく、眠りにつきやすく目覚めがすっきりします。



 このほかにも、体重が減りスリムになれるだけでなく、精神面も充足して穏やかわーい(嬉しい顔)になって、前向きに生活を送ることができるのではないでしょうか。

posted by 瑠璃 at 14:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。